ホーム > 製品概要 > 獣医科用半導体レーザー FOX

獣医科用半導体レーザー FOX


免疫抵抗力・微循環機能を高める等、生体に非常に良い近赤外線の半導体レーザー。
従来の外科手術、皮膚疾患を簡単に、又止血効果も高い施術が可能となった!


免疫抵抗力、微循環機能を高める等、生体に非常に有効な赤外線の半導体レーザー光線
この高熱線を使い、従来の外科手術、軟組織疾患を簡便にそしてより安全で的確な止血施術が可能となった。


最高出力9W 980nm ペインクリニックから外科手術までハンドキャリーできるコンパクトサイズ。

製品名 半導体レーザー FOX(独製)
使用用途 あらゆる外科処置、軟組織に著効 歯科
レーザータイプ 半導体レーザー
光線波長 980nm不可視赤外線
出力ワット 連続波 1〜9W
操作モード 連続モード
照射時間 パルス幅 2ms〜CW、パルス間隔 2ms〜1sec
照射ビーム 半導体レーザー、0.65ミクロン可視赤外線 ビーム径2.5mm 明るさ0〜2mWまで調整可能
光線伝達方法 ファイバー、標準 300μm  (200、400、600 各ファイバー装着可能)
電源 100VAC、50〜60Hz
冷却方法 空冷
外径寸法 18(H)×12(W)×21(D)
重量 1.2kg
標準装備 ファイバー300μm、フットコントローラー、フォーカスハンドピース、電源ケーブル、保護メガネ
特色 ・安全装置が、可能な限りのあらゆる場所に対応できるよう設計。
・パルス幅を自由に調節。
・様々なレーザーパワー変換が可能。
・照射ビームの明るさを調整出来るために最適な術野を確保。
・優れた技術と革新的な機能を融合させ、医療現場での優れたパフォーマンスを実現。
・徹底したコスト追求で低価格のレーザー機を提供。

| 製品概要に戻る |